ニキビで困っているなら正しい化粧品を選ぼう

どんなニキビケアをしても一向にニキビが治らない・・・

自分では正しいと思うケアをしているつもりなのに。
このように感じている人は決して少なくないはずです。

もし、あなたが正しいニキビケアをしているにも関わらず、まったくニキビが回復に向かわないなら、それは化粧品が間違っているかもしれません。

意外にもニキビに使用する化粧品はなんでもいいと思っている人が多いようです。

では、どういった化粧品がニキビケアにはふさわしいのでしょうか。

ニキビケアにふさわしい化粧品の条件は大きく分けると3つあります。

1:肌にやさしく汚れをしっかりと洗い落とせる洗顔フォームであること

言うまでもなく肌が汚れていたり、皮脂が多いとニキビの原因になります。

また、古い角質などが詰まっているとニキビにつながるので、
常に清潔な状態にしておかなければなりません。

そして、洗浄力が強すぎる洗顔フォームを使うと逆効果になります。

理想は肌にやさしく汚れをしっかりと洗い落としてくれる洗顔フォームです。
洗顔フォームを間違えてしまうと、肌トラブルが増えるだけということになります。

2:炎症を防ぐ効果がある化粧水であること

化粧水は主に保湿をするために使用しますが、
ニキビケアには炎症を防ぐ効果も必要です。

ニキビは炎症によって悪化するので、いかに炎症を食い止めることができるかが大切。

保湿も重要であることは事実ですが、
炎症を抑制する成分が配合された化粧水を選ぶ必要があります。

3:肌のターンオーバーを促進する美容液であること

洗顔、保湿の次は美容液で肌の調子を整えてあげましょう。
特に肌のターンオーバーを促進する成分が含まれる美容液はとても有効です。
洗顔と保湿だけをこまめにしていても、肌のサイクルが乱れていては意味がありません。

肌の再生力を回復する意味でも美容液を使用して、最善の肌を保ちましょう。
これによってニキビの回復も早くなりますし、ニキビができにくい肌になります。

実は間違いだらけのニキビケア

ネット上にはさまざまなニキビケアが紹介されていますが、
どれも正しいニキビケアとはかぎりません。
信用して実践してみても、逆効果になってしまうことも考えられます。

大人ニキビはつぶしてしまったほうが治りは早い・・・
洗顔は一日に何度も行ったほうがいい・・・
結局のところ、どのニキビ専用化粧品を使っても同じ・・・

さまざまな意見が交錯していますが、上記はすべて間違いです。
実はネット上に書かれているニキビケアは間違いだらけです。
それに人の肌はそれぞれ違いますし、ニキビの状態も違います。

大切なことはあなたのニキビを治すこと。
人の真似をしてニキビが治るわけではないので注意が必要です。
まずはあなたの肌を知って、どんなニキビかを知ることが大切だと思います。

当サイトではニキビトラブルを防ぐための情報を詳しく解説していきます。
正しい化粧品選び、スキンケア、ニキビの知識まで幅広く解説しますので
ニキビに困っている方はぜひ参考にしてみてください。