月別アーカイブ: 2013年10月

正しいスキンケアをするためのまとめ

正しいスキンケアをすることがニキビをいち早く回復させることにつながります。

そこで正しいスキンケアをするためのポイントをまとめてみました。
毎日の生活のなかで正しいスキンケアができれば、ニキビも早く治るはずです。

ニキビに悩んでいる人は今日から正しいスキンケアを実践してみてください。

正しいスキンケアをする上でのポイント

1:洗顔は丁寧に行うこと

洗顔は1日朝・晩の2回行ない、ゴシゴシこすらないように丁寧に行います。
よく泡立てって泡で汚れを吸着させて洗い流すイメージを持ちましょう。
すすぎは時間をかけて十分に行ない、すすぎ残しがないようにしてください。

2:洗顔後はすぐに保湿をすること

洗顔後の肌は乾燥している状態なので、すぐに化粧水で保湿しましょう。
ニキビに特化している化粧水は炎症を抑えてくれる成分が入ったものです。
また、効果が十分に得られるように浸透率が高い化粧水を選びましょう。

3:美容液で肌の状態を回復させること

肌のターンオーバーが乱れてしまうとニキビの回復が遅くなってしまいます。
保湿が終わったら美容液で有効成分を肌に届けてあげましょう。
主にビタミンCなどが多く配合されている美容液を選ぶのがベストです。

4:良質な睡眠をとること

十分な睡眠をとれないと人間の体は回復しません。
ですので、毎日決まった時間に寝ることを心がけてください。
睡眠は質、リズムが揃っていないと意味がないので注意しましょう。

5:栄養バランスを考えた食事をとること

偏った食生活をしていてもニキビを回復することができません。
ビタミンなどが豊富に含まれている野菜を積極的に摂取するようにしてください。
できるかぎり、ファーストフードやインスタント食品は控えたほうがいいと思います。

6:適度な運動を心がけること

ハードな運動は逆に負担になってしまいますが、適度な運動は健康維持に欠かせません。
時間があるときはウォーキングや軽いジョギングをするといいでしょう。
ストレス発散効果もあるので適度な運動はおすすめです。

スキンケアだけでなく清潔な環境を整えること

スキンケアばかりに集中しても、ニキビが改善されないこともあります。

それは他にニキビを作ってしまう原因があるかもしれません。
あなたは毎日清潔な環境のなかで生活をしていますか?

特に寝具は清潔なものを使っているでしょうか?
季節を問わずにもっとも使用する寝具といえば「枕」です。
枕は汗や皮脂などの汚れがつきやすく、すぐに汚れてしまいます。

枕が汚いままだとニキビは一向に治りません。
特に炎症によってニキビがひどくなっている人は、さらに炎症を進行させてしまいます。
また、ニキビから繁殖した細菌が枕にも付着する可能性が高いので注意しましょう。

枕は2日から3日に一変は枕カバーを変えるように心がけてください。
週末は洗濯、もしくは干すなどして清潔に保ちましょう。
また、シーツも清潔なものにするように心がけてください。

ダニはニキビを悪化させる

枕や布団は清潔にしていないとダニが一気に増殖することで知られています。
ダニはニキビを刺激することがわかっているので注意が必要です。
ニキビケアだけでなく、寝具のダニ対策も徹底したほうがいいと思います。

いずれにしても、シーツはこまめに取り替えることを習慣にすべきです。
ただし、シーツがあまりにも古くなったら新品を購入したほうがいいと思います。
大切なことは清潔なものを常に使うということです。

寝具が汚れていては、せっかくのスキンケアも無駄になってしまうことがあります。
夏場は汗をかきやすく寝具が汚れやすいのでこまめに取り替えましょう。
ニキビが悪化しないように清潔な生活を心がけることが大切です。