肌のターンオーバーを知っていますか?

肌の調子が悪くなってくるとニキビはできやすくなります。

ニキビができやすくなる原因として考えられているのが不規則な生活です。
そもそも人間の肌はターンオーバーによって新しく生まれ変わるようになっています。

肌のターンオーバーは約28日のサイクルと言われています。
古くなった肌細胞は角質へと変化していきます。
そして、角質は垢となってやがて剥がれ落ち、新しい肌細胞が生成されます。

健康的な肌はこの肌のターンオーバーを正常に繰り返しています。
しかし、健康でない肌は思ったようにターンオーバーをすることができません。
角質が剥がれ落ちることなく、残ったままになってしまうこともあります。

そう、角質が詰まるとニキビができる原因になりますが、
単純に角質が詰まると言っても元をたどると、
肌のターンオーバーの乱れが原因として考えられるケースもあるわけです。

つまり、肌のターンオーバーが乱れないようにすることがニキビケアにつながります。

化粧品だけでもニキビを治すことは不可能ではありませんが、
化粧品以外にも生活態度を徹底するような工夫をすることが大切だと思います。

肌のターンオーバーはどうして乱れてしまうのか?

肌のターンオーバーはどうして乱れてしまうのでしょうか?
それは決してひとつの物事が原因とういわけではありません。

睡眠時間を確保できない、睡眠時間が一定ではない(バラバラ)、
偏った食生活などが挙げられます。

睡眠が十分に取れないと人間はどんどん不健康になっていくことは、
実際の研究で証明されています。

睡眠があるからこそ人間は体調をキープできますし、
病気の回復をはやめることができます。
しかし、睡眠が不足してしまうと人間の体調を維持する機能が大きく低下します。

これによって肌のターンオーバーが徐々に乱れてしまうわけです。

また、運動不足によって不健康になると、
肌のターンオーバーが乱れやすいと言われています。

健康的な生活を続けないかぎり、人間の体調はどんどん悪化してしまいます。

古い角質が詰まることでニキビができるのは事実ですが、
ストレスもニキビの原因として考えられているので注意したほうがいいでしょう。

また、ストレスは肌のターンオーバーを乱すことがわかっているようです。

肌のターンオーバーが乱れない生活をしながら、
ターンオーバーを促進させる効果がある美容液などを使って、
こまめにスキンケアをしましょう。

ニキビケアは単純にニキビを治すだけでなく、肌の状態を回復することも大切です。